おうちごはんレシピ〜かんたんセミドライトマトはこんなに重宝〜

セミドライトマトの中でもいちばんかんたんなレシピ。

切って焼くだけ、のセミドライトマトを作りました。

ミニトマトをタネの部分が必ず露出するように横半分に切って、クッキングシートを敷いたオーブンの天板に並べて、120℃でまずは60分。

その後様子を見ながら、時間延長して全体で90分くらい。大きさによって仕上がりの時間が異なります。

また、各ご家庭の機器によっても時間や温度が変わります。わがやのオーブンの最低温度は120℃ですが、もっと低い温度で長時間、ゆっくりと水分を飛ばしていくのもいいみたい。

本来は、種の部分を予め取り除いたり途中で何度か水分を拭ったりしてより乾燥したものに仕上げたり、塩やオリーブオイルをかけてから焼いたりしますが、今回はなんにもしないで、そのまんま。

出来上がりはこんな感じ。

うんと乾燥させるのではなく、あくまでもセミドライに、まだふっくらとして色鮮やかな赤い実の部分が残るように焼き上げます。

種が残っていると、どことなく真っ赤なお花が咲いているようでかわいいでしょう?

さわるとまだまだ柔らかくて、なので長期保存はできませんが、うま味はすでにギュッと濃縮されています。

水っぽさは抜けているので、オムレツの具にしたり、焼いたバゲットにのっけたりしてもべちゃべちゃにならずにトマトの美味しさが味わえます。おべんとうの具材にはとっても重宝。

炊き込みや混ぜごはんの具にもオススメです。おみそ汁の具に、仕上げに放り込むことも。

おみそ汁の具に困ったときに放り込めば美味しさもアップ

たくさん作って保存しておきたい時は、冷凍もOK。

かんたんセミドライトマト、ぜひお試しを。

あすはこれで、初めてのばらずしに挑戦します。

投稿者プロフィール

清水 かおり
清水 かおり
料理家。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」をコンセプトに、季節を感じる食卓を分かち合うごはん教室開催やごはん作りの家庭教師、出張一日社食など、誰かの食卓をシアワセにするための活動を展開中。

ここちよさを紡いでいこう〜茶飯事会だより〜

毎週火曜日20時に配信するメールマガジン。
・日々のごはんでここちよさ
・道具や器でここちよさ
・ここちよさを味わうための暮らしごとのヒント
などを週替りでお届けします。
また、オンラインレッスンやリアルレッスンの先行案内もおこないます。