羊羹に合うお茶は?

霜降の茶飯事会で食後にお出しする甘いもの、今回は手作りでなく市販の和菓子で特別感のあるものを・・・

とあれこれ考えていましたが、ばらばらに離れたレッスン日の当日はもちろん、前日毎に上生菓子を買いに行くのも少し難しかったので、定番ではありますが、「とらやの羊羹」にすることに決めました。

 

羊羹、となると、はて、お茶は何がいいだろう。

お抹茶? 煎茶?玉露?

実は私が一番好きなのは焙じ茶。

焙じ茶といえば、とても庶民的で日常的な、それでいて香ばしい香りが魅力のお茶葉。でも、いくら美味しいとは言え、とらやの羊羹には合わないのでは・・・

と、頭を悩ませていたのですが、逆転の発想を思いつきました。

お茶を羊羹に合わせるのではなくて、羊羹をお茶に合わせればええんやと。

 

それで思いついたのが、黒糖味の少しカジュアルな羊羹に柿のソースをかけること。

柿はラム酒やカルダモン、クローブなどの香りをまとわせて少しエキゾチックに、羊羹の黒糖とつながるように。

そして、お茶も焙じ茶の中でも少しおすましした加賀棒茶を選びました。

加賀棒茶は、一番茶の茎の旨味を損なうことのないように、浅く焙じたもの。気づけば、最近密かに話題に上ったりしています。

さて、結果はどうだったでしょう?

 

羊羹に柿に棒茶。

秋の昼下がりの気取らないお茶うけ。

召し上がったみなさんの感想を聞いてみるとしましょう。

 

 

 

 

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。