クリスマス前なのに・・・

クリスマスイブは明日なのに、このところローストビーフや今夜のスペアリブのように、わがやとしては少し重めのお肉料理が続いています。

赤ちゃんが産まれたら、授乳の関係でしばらくはこってりお肉は食べられないだろうからと、お肉系メニューを今のうちにとリクエストが。

確かにおいしい母乳を出すためには、あっさり和食がいちばんなので、出産直前のこの時期にももはやこんな肉食はおすすめではないかもしれませんが。

母乳にするかミルクにするかは、ママの事情で決めること。プレばあばは口出しをしないでおきましょう。

さて、今夜のおかず

  • スペアリブの柚子ジャムロースト
  • 水菜と小蕪、柚子の皮の和風サラダ
  • せいろ蒸し野菜

高知からたくさんいただいたりっぱな柚子で、先日柚子ジャムを作りました。マーマレードのように皮も加えて甜菜糖でこっくりと。

いつもは、マーマーレードやすりおろしたリンゴを使って作るスペアリブの漬け汁ですが、今日はこの柚子ジャムを使って、柚子の香りをまとったちょっと酸味のある仕上がりにしてみました。

漬け汁:柚子ジャム、しょうゆ、みりん、酒、オイスターソース少々、オールスパイスに八角、シナモンを少々

この漬け汁に半日つけておいたスペアリブをオーブンで焼いたらできあがりです。

サラダは、勢いのある水菜にマリネしていた小蕪と柚子の皮を加えて、オリーブオイルとうね乃の京だし、柚子果汁、柚子胡椒をまぜたドレッシング。

蒸し野菜は、小ぶりの葉つき人参の根と葉の部分を別々に、それから大根とじゃがいもを。

こちらは、久留米で買ったハーブスパイス塩と宮古島のお土産のピンク色が可愛いローゼルソルトでいただきます。

清水 かおり

食卓カウンセラー。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

季節を感じるごはんの作り方や暮らしの工夫をみんなで楽しく分かち合うごはん教室の主宰。ていねいな暮らしはほんのちょっぴりていねいな日常茶飯事から。お料理の好きな方、苦手な方、同世代の方、若い方、ご自身の日々のごはんと暮らしごとを今よりもっとこころ豊かなものにしたいと思ってらっしゃる方ならどなたでも来ていただけます。

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。