春の味覚がここに〜あおさのかき揚げ〜

先日、対馬在住のおともだちからうれしい味覚のお便りをいただきました。

手作りの春蘭の塩漬け、生あおさ、原木椎茸、さざえ・・・

早速、あおさはお味噌汁に入れるだけでなく、この対馬産の椎茸といっしょにかき揚げにしてみました。

〈あおさと椎茸と桜えびのかき揚げ〉

 

揚げ物の中でも、揚げ春巻きとかき揚げは私の大のお気に入り。具材に何を組み合わせるかで、おうち用にもおもてなしにも活躍してくれるし、油が汚れにくいのも助かります。

 

粉を極力少なくして、あおさの緑を活かしたら、桜えびとの組み合わせがなんとも春らしい可愛いかき揚げになりました。

一口かじると、ふわぁっと口の中に磯の香りと椎茸の山の香りが広がります。

この日のオカズはほかに、春人参のラペと三島独活のおかかソテー、それに同じく三島独活の炊き込みごはん。

春のかおり満載のぜいたくなおうちごはんになりました。

揚げ物に使ったのは、この揚げ鍋。

料理家の有元葉子さんプロデュースのla base(ラヴァーゼ)の製品です。

うれしいのはこの付属の揚げかご。一度に油切りをして、仕上げの二度揚げをするときにとっても便利です。

 

お料理教室「茶飯事会」では、こんな便利な調理器具の実際の使い心地の紹介や、サクッと揚がるかき揚げの作り方などもお伝えしています。

清水 かおり

食卓カウンセラー。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

季節を感じるごはんの作り方や暮らしの工夫をみんなで楽しく分かち合うごはん教室の主宰。ていねいな暮らしはほんのちょっぴりていねいな日常茶飯事から。お料理の好きな方、苦手な方、同世代の方、若い方、ご自身の日々のごはんと暮らしごとを今よりもっとこころ豊かなものにしたいと思ってらっしゃる方ならどなたでも来ていただけます。

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。