空が広いってステキなこと

先週末の3日間、セミナー開催のお手伝いに福岡県の久留米市に出かけていました。

セミナー開催を主催する友人ののりこさんのお宅にお邪魔するのは実は昨年の秋以来2度目です。

お住まいのある久留米市の善導寺は、柿の産地とのことで、秋に伺ったときにはそこらじゅうの柿畑が真っ赤に紅葉してそれはそれは美しい秋景色でした。

今回は、春。

福岡には関西よりも一足早く春が訪れていて、すでに木々には若葉が瑞々しく育ち、お花もあちこちに咲き乱れていました。

そう、善導寺のあたりは植木や草花の栽培もさかんなのだそう。

前回は短い滞在だったのであまり気がつくことがなかったけれど、今回とくに驚いたのは、このあたりの土地と空の広さでした。

手にしているのはもぎたてのアスパラガス。このままかじったら、甘くておいしかった〜。

あらためて写真で見ると、まるで北海道!

空もほら。

全方位空、空、空。

プラネタリウムのように空が見渡せるのです。

大阪のビルの隙間からのぞく切り取られたような空とは大違い。

空の大きさに圧倒されすぎて、写真に撮ることすら忘れてひたすら見上げていた私。

こんなに空が広かったら、ちっぽけな悩みなんて空を見上げているだけでなくなってしまいそう。

私が「空がこんなに大きいなんて」と驚いてばかりいると、のりこさんは「そんなここでは当たり前のことに驚いていることが驚きよ」と可笑しがります。

そして「当たり前に思っていることが、実はとっても幸せなことなんだと気がつきました」とも。

そう、この空にしても、周りに広がる畑から穫れる新鮮でおいしい野菜にしても、ここにお住まいのみなさんには当たり前のこと。

「都会だといつでも本に載っているようなステキなものやごはんが手に入るから」「病気になってもすぐ近くに大きな病院もあるでしょ」とときに私を羨むのりこさんですが、自分のまわりにたくさんあふれている当たり前の幸せにもちゃんと気づいて暮らしてらっしゃる、その気づきの上に成り立つ暮らしぶりそのものが私にはとても豊かに思えました。

空にまつわる久留米のステキな思い出をもうふたつ。

赤くて大きな満月がちょうど山の端からひょいと上ってくるさまを眺めることができたのです。

山から月が上るなんて。またしても驚く私とそれを不思議がるのりこさん。
それはそれは今まで見た中でいちばんミステリアスな満月でした。

後から聞けば、ストロベリームーンと名付けられた平成最後の満月でした。

次の日に出会ったのは、真っ赤な夕日が今まさに山に沈むところ。

見渡す視界が全部山の端なので、此の地では夕日は必ず山に沈む・・・ 沈んだ後もしばらくは、空一面が青色からバラ色へそして紫色へと移り変わり、町全体が同じ色にじんわり染まっているに見えました。

上る満月と沈む夕日。

久留米の広くて大きな空をさらに思い出深いものにしてくれたふたつのギフト。

私は、そのふたつのギフトとともにあの久留米の青い空も自分の記憶の中のギャラリーに移し描こうと思います。


もう一人の友人が住むうきは市筑後大石駅はここからワンマン電車で5駅26分

お昼間は1時間に1本。住民はほとんど車で移動。電車は通学の学生がほとんど


清水 かおり

食卓カウンセラー。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

季節を感じるごはんの作り方や暮らしの工夫をみんなで楽しく分かち合うごはん教室の主宰。ていねいな暮らしはほんのちょっぴりていねいな日常茶飯事から。お料理の好きな方、苦手な方、同世代の方、若い方、ご自身の日々のごはんと暮らしごとを今よりもっとこころ豊かなものにしたいと思ってらっしゃる方ならどなたでも来ていただけます。

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。