こどもの日は大人のために

5月5日、こどもの日。

今日は孫の初節句で、娘夫婦と孫、そして両方のジジババが連れだってお祝いのお食事会にでかけました。

紅葉と滝で有名な箕面にあるその料理旅館は、うちから車なら20分ほどの場所にあります。昨秋、臨月前の娘と一泊した思い出の場所。孫もお腹の中にいながらすでに訪れたことになります。

秋なら真っ赤に染まるもみじもこの季節は瑞々しい新緑。影までが青色に染まっているかのような美しさでした。

通された個室のお部屋は、畳敷きに低めのテーブルが似合う大正時代の設え。

赤ちゃん用のバウンサーも用意されていて、主賓は寝ながらの参加です。

ひとりひとりに順番に抱っこしてもらったり、寝たり、泣いたり、笑ったり・・・。何をしていても孫は可愛くて、食卓を囲む私たちの会話も弾みます。

こどもの日。子どもたちが主役になれる日。

そういえば、わが家の子どもたちが幼いときにも、こどもの日だからとはしゃぐ子どもたちを見ているだけで大人はなんともうれしく満ち足りた気持ちになっていたのを思い出しました。

こどもの日って、幸せそうな子どもたちを眺めて実は大人が幸せに浸れる日。

誰を見てもにこにこと笑いかける孫は産まれて4ヶ月とまだまだ幼いのに、すでに周りにいる大人たちを幸せにする力を持っています。

子どもたちは、本当は誰でもみんなその力を持っているはず。

それを奪うのもまた周りの大人たち。

どうか、大人が子どもたちからその素晴らしい愛の力を奪わない世の中でありますよう。 笑顔の孫を見ていたら,余計にその思いが募りました。

そこかしこに溢れんばかりの青もみじ、目にも心にもしみました。

清水 かおり

食卓カウンセラー。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

季節を感じるごはんの作り方や暮らしの工夫をみんなで楽しく分かち合うごはん教室の主宰。ていねいな暮らしはほんのちょっぴりていねいな日常茶飯事から。お料理の好きな方、苦手な方、同世代の方、若い方、ご自身の日々のごはんと暮らしごとを今よりもっとこころ豊かなものにしたいと思ってらっしゃる方ならどなたでも来ていただけます。

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。