発酵あんこに夢中です

最近になってはまっているもののひとつに、発酵あんこ作りがあります。

粒あん、こしあん、おぜんざい。

小豆で作る甘いものには目がない私ですが、作っても食べるのは私ひとり。使うお砂糖の量を思うと、食べながらちょっと後ろめたい。

そんな経験おありでしょう?

発酵あんこは、こうじが生み出す甘みだけ、お砂糖を一切使いません。

小豆のうま味がしっかりと味わえ、優しい甘みがくせになって、なくなったらまた作りたくなる、あんこ好きにはたまらない超オススメの発酵食品。

ヨーグルトメーカーで作ります。

小豆がお好きな方はぜひぜひ、お試しあれ。

ヨーグルトメーカーがない場合には、炊飯器でも作れるそう。

《サクッとレシピ》

【材料】

    小豆:200g

    米こうじ:200g(小豆と同量)

    塩:適量

【作り方】

・小豆を通常の方法で茹でて、少し柔らかめの餡を作る(冷ましているうちに固くなるので)

・50〜60度くらいに冷ましてから、ばらばらにほぐしたこうじとよく混ぜる

・水分が少なくて混ざりにくい場合は適量のゆで汁か水を加える

・ヨーグルトメーカーにセットして、60度で8時間

・できれば、途中で2〜3回かき混ぜる

・できあがったらよく混ぜて、お好みで塩を少々加える

・そのままだと粒あんに、ハンドブレンダーでペースト状にすればこしあん風に

トップの写真は、できあがった発酵あんこに、苺を添えて生クリームの代わりにクリームチーズ、そこに一休寺納豆をパラパラと刻んでトッピング

あんバタートーストもたまりません。

南瓜と一緒に炊いたらおかずにもなりますよ。

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。