おうちごはんレシピ〜おから入り“包まない焼売”

おから入りの包まない焼売。

包まないので手早くでき、おからをお肉の1/3くらい加えるのでヘルシー。あっさりと軽めに仕上がるのでいくつでも食べられます。

焼売を作ろうと思ったけれど、豚ひき肉や焼売の皮が足りない、というときにも便利です。

《サクッとレシピ》

[材料]

  • 豚ひき肉
  • 戻した干し椎茸みじんぎり
  • 白ネギみじん切り
  • 生姜みじん切り
  • 戻した春雨1cmくらいにカットしたもの
  • 戻した芽ひじき
  • おから(パウダーに水を加えても可)
  • 片栗粉
  • 味付け調味料・・・ナンプラー、オイスターソース、酒、ごま油
  • 焼売の皮

[作り方]

  • 豚ひき肉とおから以外の材料をボウルに入れて十分混ぜる
  • 豚ひき肉とおから(豚肉の3分の1くらい)も加えてよく混ぜ、ピンポン玉よりも小さめの大きさになるようにざっくりと丸める
  • 焼売の皮を幅3〜5mm(好みで)に切り、片栗粉(分量外)を全体にまぶす
  • 焼売の皮を適量手のひらに取り、ざっくりと丸めたタネをのせ、皮をまぶしながら、コロコロと手で転がしてきれいな球状に仕上げる
  • せいろに穴の空いた敷き紙を敷き、千切りのキャベツを平たくのせた上に焼売を並べ強火で10〜12分蒸し上げる
  • お好みで辛子じょうゆや酢じょうゆをつけていただく

おからは、生のものがおいしいけれど、私は乾燥したものを常備しています。日持ちもするし、こんなふうにひき肉料理に混ぜたり、急に卯の花を作ったりできるのでとっても重宝しています。

左は、乾燥おから。おからの風合いもそのままで、常温保存も可能です。

右は粉末状のおから。卯の花やひき肉料理のつなぎには向きませんが、お菓子作りには便利。近所のスーパーでも手に入ります。

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。