わがやの20年選手

フードプロセッサーのワークボウル(材料を入れる所)の固定用の爪がとうとう割れてしまいました。

 

それでもまだ、しっかり働いてはくれるけれど、急に使えなくなったら困る、ということで、探したら、まだあるのです、替えのワークボウルが。

 

このフードプロセッサーはかれこれ20年選手。

 

わがやにはなくてはならない必需品で、三日にあげず登場してくれる頼もしい助っ人です。

ミートローフやハンバーグに入れる野菜のみじん切りに、かぼちゃのマッシュに、白和え衣作りに、シャーベット作りにも。

 

この爪の割れも酷使の証。

 

それでもここ以外にはどこもガタが来ず、モーター本体も至って元気。

考えてみたら、すごいことです。

 

堅いものでもガンガン砕いて、食洗機でジャンジャン洗っているというのに。

 

すぐに壊れて、部品もあっけなく廃番になってしまう電化製品が増える中、こうやって使い続けられるものがあるって本当にうれしい。

 

さすがのCuisinart。

 

わたしにとっては、Bamixと並んで当時の憧れの調理器具。

冷蔵庫でも洗濯機でも、色々便利?な機能がくっついた日本製よりも、デザインも機能もシンプルで頑丈で大きいアメリカ製品がもてはやされた時代だったのかもしれません。

 

やっぱり選んでよかったです。

投稿者プロフィール

清水 かおり
清水 かおり
料理家。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」をコンセプトに、季節を感じる食卓を分かち合うごはん教室開催やごはん作りの家庭教師、出張一日社食など、誰かの食卓をシアワセにするための活動を展開中。

ここちよさを紡いでいこう〜茶飯事会だより〜

毎週火曜日20時に配信するメールマガジン。
・日々のごはんでここちよさ
・道具や器でここちよさ
・ここちよさを味わうための暮らしごとのヒント
などを週替りでお届けします。
また、オンラインレッスンやリアルレッスンの先行案内もおこないます。