今年もあと少し

大晦日もあと残り少し。
 
 
茶飯事会オンラインサロンでも、お節料理が出来上がりましたーという声が次々と届いています。
 
 
今年は、実家に帰省しないから初めて自分でおせちを作ったという人が周りにたくさん。
 
若い方々が、そうやって日本のおせちという文化を受け継いでいくのって素敵だなぁ。
 
 
コロナの爪痕は悪い事ばかりではありません。
 
「うちのおせち」が恋しくなったみなさん、これを機にお母さんのおせちの味を習ってくださいね。
 
 
 
そんなこと言いながら、わたしのうちではおせちは外注です。
 
先程、小雪舞う京都にお迎えに行ってきました。
 
 
ここ数年でひととおりおせち作りも楽しめましたからね、ふふ。
 
料理人さんの作られる美しくておいしいおせちをいただいて、また自分のおせちに生かすとしましょう。
 
 
 
とはいえ、娘のおうちに、わがやのサイドディッシュにといくつか自分の好きなものだけは作っています。
 
あとは、お豆腐伊達巻とお芋さんの茶巾絞りを残すだけ。あと3時間で年が明けてしまいますが…。
 
 
 
心をざわつかせている間にあっというまにこの1年が駆け抜けました。
 
来年もまだまだ何が起こるかわかりませんが、肝を据えて、流れに逆らわず、かと言って流されてしまわず、しっかりと舵を取ってうまく航海していきたいと思います。
 
 
美味しく食べていられるなら大丈夫。
 
わたしの心身の健康度合いはこのざっくりした指標で見ています。
 
これまでも、そしてこれからも。
 
 
 
みなさま、良いお年をお迎えください。

投稿者プロフィール

清水 かおり
料理家。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」をコンセプトに、季節を感じる食卓を分かち合うごはん教室開催やごはん作りの家庭教師、出張一日社食など、誰かの食卓をシアワセにするための活動を展開中。

ここちよさを紡いでいこう〜茶飯事会だより〜

毎週火曜日20時に配信するメールマガジン。
・日々のごはんでここちよさ
・道具や器でここちよさ
・ここちよさを味わうための暮らしごとのヒント
などを週替りでお届けします。
また、オンラインレッスンやリアルレッスンの先行案内もおこないます。