わたし流お正月でいこう!

師走に入ってはやもう半月以上が経ちました。

クリスマスの準備にお正月の準備と、日本の12月はただでさえ慌ただしいのにイベントが2つもあって、いっそうバタバタして過ごしてしまいそうです。

ここしばらくは、子どもたちが巣立ったこともあり、クリスマスにはちょっとした夜ごはんを用意するにとどまって、お正月の、それもおせち料理の準備ばかりに時間と気とをとられる年末を過ごしてきました。

和食が脚光を浴びるようになったおかげか、おせち料理、それもけっこう伝統的なおせち料理がここ最近急に見直されるようになってきているなあと感じます。この季節はあちこちのお料理教室でも、おせち料理の講習がさかんです。

元旦からファミリーレストランやショッピングモールが開いている時代、わざわざ作り置きしなくても、という風潮が広がる中で、あえておせち料理作りに挑戦する人たちが増えてくれるって、なんだかうれしくなってしまいます。

ですが、そうなればそうなるほど、「作らないといけないのか」と焦る人たちが増えてくるのもわかります。

かくいう私も以前は、あきらめと羨ましさとが混じり合った気持ちを抱えて「おせちが作れるのはちゃんと時間がとれる人だけ」と考えていたひとりでした。

年末ぎりぎりまで忙しい日々を送っている人たちにとっては、おせち料理作りはやっぱりハードルの高いお正月仕事だと思うのです。

「今年こそ手作りに挑戦!」と言われても、この仕事をしている限りそんなの無理無理・・・。

でも、そのうちにちょっとした工夫と時間管理で、「伝統的なおせち」にとらわれない自分のスタイルにあった「わたし流のおせち」が作れることに気づきました。

器も最近はこんなにお正月らしくて可愛いものがたくさん

そのことを一昨年のブログに綴ってみたら、「おもいきって自分なりのおせちを作りました」というお声をいくつかいただいて、とてもうれしく思いました。

一昨年のブログ「自分仕様のNEOおせちを今年こそ作ってみませんか?」はこちらから→

実は今年は、おせち料理をちゃんとは作りません。

年末年始は、むすめの産前産後のサポートできっと忙しくなるだろうから、と早々におせちの準備を諦めました。

諦めたら、ちょっぴり気が楽になったのも事実なんです。

せっかくの年末年始の貴重な仕事休みを、ほとんどおせち作りと家族の食事の準備に費やす暮らしに少し疲れてきていたから。

お友だちの口コミで聞いたおいしい京都の鰻やさんのおせちを今年はすでに予約済み。

おせちを予約して買うなんて、おそらく20数年ぶりのことですが、たまにはそれを楽しんでみてもいいのかも。

あとは、staubでコトコト煮ておくだけの黒豆・酒粕に漬けておくだけの数の子・15分もあればできる変わり田作りの三種の祝肴だけ作って、残りは酒肴的な生ハムやチーズに頼ろうかな、時間ができたらおつまみを増やせばいいのだし、ちょっと自分のために抜き型を使って遊んでみても・・・と考えると俄然こころにゆとりができました。

抜き型で遊ぶと無心になれます

この調子で、食卓や部屋の設えも「わたし流」にすれば、きっとステキなお正月が迎えられるにちがいない、そう考えるのも気が楽です。

小物使いでお正月気分が盛り上がります

猫たちに襲われるお花の代わりに

みんなに見せるために作るのではなく、しかし自分のこだわりには正直に、多少の忙しさは楽しみのうちと考えて、はてさてこの年末はどんな準備をしようかなぁ。

昨年のおせち料理教室「NEOスタイルのおせちで新年を」のメニューと教室風景はこちら→
2018年のわがやのおせちはこちらから→

柑橘なら猫たちも囓らないだろうと飾った仏手柑でしたが、見事に指を1本無くし。。

清水 かおり

食卓カウンセラー。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

季節を感じるごはんの作り方や暮らしの工夫をみんなで楽しく分かち合うごはん教室の主宰。ていねいな暮らしはほんのちょっぴりていねいな日常茶飯事から。お料理の好きな方、苦手な方、同世代の方、若い方、ご自身の日々のごはんと暮らしごとを今よりもっとこころ豊かなものにしたいと思ってらっしゃる方ならどなたでも来ていただけます。

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。