麦秋至〜むぎのときいたる〜

麦秋

なんて美しいことば。

写真は、あるときの東京行きの新幹線の車窓から眺めた近江平野の風景です。

この季節、収穫期を迎えてまさに「小麦色」に畑を染める麦と、田植えを終え水をたたえた田んぼのコントラストが美しくて、いつもこの区間を通り過ぎるときのために右に座ろうか左に座ろうかと迷ってしまいます。

恥ずかしながら、麦がこんなに茶色く色を変えて実ることや近江平野が麦の産地だと知ったのは、最初の仕事を辞めて、自由に上京することが多くなった50歳近くになってからのことでした。

そういえば、先日久留米に行った時にも、電車や車から見えた風景は、サワサワと風に揺らぐ麦畑でした。こちらは、ビール会社と契約している大麦栽培の農家さんが多いからだと聞きました。

美しい日本の風景を西から東に東から西に楽しめるから、新幹線は窓際でおしゃべりもせずにひとり座っているのが好きです。

時間が許す限りは、できるだけ「移動」ではなく「旅」するように乗り物に乗っていたい、と願う今日この頃です。



清水 かおり

食卓カウンセラー。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

季節を感じるごはんの作り方や暮らしの工夫をみんなで楽しく分かち合うごはん教室の主宰。ていねいな暮らしはほんのちょっぴりていねいな日常茶飯事から。お料理の好きな方、苦手な方、同世代の方、若い方、ご自身の日々のごはんと暮らしごとを今よりもっとこころ豊かなものにしたいと思ってらっしゃる方ならどなたでも来ていただけます。

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。