おうちごはんレシピ〜夏野菜の揚げ浸し黒酢だれ〜

何と言っても揚げるのがおいしいなす、夏場はさっぱりと揚げ浸しにすることが多いですが、実はズッキーニも油との相性はバツグン。

今回は、かぼちゃも一緒に素揚げして、米酢の代わりに黒酢を使ってこくのある甘酢だれを作りました。

サクっとレシピ

《材料》

なす、かぼちゃ、ズッキーニ 

《黒酢だれ》黒酢:大さじ4 酒・みりん・しょうゆ:各大さじ2 ごま油:小さじ1 すりおろしたにんにく(1/4片ぶん)すりおろしたしょうが(1かけぶん)

《作り方》 

  • なす、かぼちゃ、ズッキーニは食べやすい好みの大きさに切る。  
  • 黒酢だれの材料を全て和える
  • 野菜を順次素揚げして、熱いうちに黒酢だれに浸し、冷蔵庫で冷やす

《ポイント》

  • 野菜はいずれも火が通りやすいので、少し厚めに切っても大丈夫。たとえば、かぼちゃは1〜1.5cm幅の櫛切り。その場合は、低めの温度からじっくり揚げること。なすとズッキーニはそれぞれ高温の油で一気に揚げます。
  • 黒酢のかわりに米酢とバルサミコ酢を1:1の割合で混ぜたものをつかっても美味しいです
  • さっぱり仕上げたいときには、ごま油は抜いて下さい
  • しばらく冷蔵庫で冷やすと味もしみ込み冷たくなっていっそう美味しくなります

暑い夏に黒酢は重い?

いえいえ冷やして食べるとこの黒酢の「こく」が暑さに疲れた身体をきりりとひきしめてくれますよ。

秋に向けてこれからますますおいしくなるなすやかぼちゃでぜひどうぞ。

             




清水 かおり

食卓カウンセラー。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

季節を感じるごはんの作り方や暮らしの工夫をみんなで楽しく分かち合うごはん教室の主宰。ていねいな暮らしはほんのちょっぴりていねいな日常茶飯事から。お料理の好きな方、苦手な方、同世代の方、若い方、ご自身の日々のごはんと暮らしごとを今よりもっとこころ豊かなものにしたいと思ってらっしゃる方ならどなたでも来ていただけます。

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。