売れ残りの菜花に安らぎをもらいました

どんなにささやかでも生活の中にお花があるっていいですね。

わが家には猫たちがいるので、堂々とお花を飾れるのはここだけ。お手洗いです。

それでも、ドアを開けるたびに目に入る小さくても元気な佇まいにほっと心が和みます。

この菜花。

いつも買いに行く直売所の野菜コーナーでひっそりとしなだれて売れ残っていたものです。

蕾が開いてきた菜花は味が落ちると言われています。こんなに黄色く開いていてはもう誰も買ってはくれないかな・・・。

そんなときにはお花として家に連れ帰ることにしています。

すぐに茎の下の部分を切ってたっぷりの冷水につけておいたら、たいていの菜花はけっこうしんなりしていても、みるみる元気になってくるものです。 菜花にはいつも春の命の力強さを感じます。

お野菜として売られていた菜花、「あ〜ぁ」と残念にも黄色く咲いてしまった花が、今度はかわいい挿花として「うわぁ」と見る者に小さな安らぎをもたらしてくれるようになりました。

明日には背丈も伸びてお花もたくさん開いていそう。

しばらく、トイレタイムを楽しめそうです。

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。