おうちごはんレシピ〜カリカリおつまみピザ〜

イーストを使わない、フィンガーフードなクリスピーピザ。

わがやの20年来の人気メニューです。

こどもたちの休日の小腹を満たすときに

お客様のおもてなし前のスタートメニューに重宝しています。

サクッとレシピ

《生地の材料(20✕25cmくらいの長方形 2枚分》

  • 強力粉:100g
  • オリーブオイル:大さじ2
  • 塩:ひとつまみ強
  • 水:50〜60ml

《作り方》

▶生地つくり

  • ボウルの中に粉をふるいいれる
  • 塩とオリーブオイルを入れて、周りを崩していくように混ぜていく
  • 水を少しずつ混ぜていく(一度に全部入れないように)
  • ひとかたまりになったら、ボウルから出して、打ち粉をした台(まな板)の上に出し、てのひらで転がすようにこねていく
  • 表面がなめらかになって押して凹んでも少しもとに戻るくらいに弾力が出てきたらこねるのをやめる
  • ひとまとめにしてラップでくるんで30分から1時間室温で寝かせる

▶台作り

  • 寝かした生地を好みの大きさに分割する(ここでは2分割)
  • 打粉をした台の上で、めん棒で2〜3mmくらいの厚さになるよう薄くのばしていく

▶仕上げ

  • クッキングシートに生地をのせて、好みの具材とチーズをまんべんなくのせ、オリーブオイルを全体にかける
  • 250℃に予熱したオーブンで6〜8分くらい焼く

*イーストが入っていないのでふくらみません。

*できるだけ薄く生地を伸ばすのがポイント。厚みがあると生焼けになります。

*生地が薄いので水分が多いものをのせたり塗ったりすると生地がパリッと焼き上がりません

*焼くときの温度と時間はオーブンによっても違います。また、生地の厚みや載せる具材によっても変わってくるので一度焼いてみて調整してくださいね

▶オススメの具材

*窯焼きピザとはずいぶんと食感もちがうので、思い切って普通のピザとは違う具材を選ぶのがおいしさのポイント。水っぽくない、意外な組み合わせが似合います。チーズも、モッツアレラチーズとパルミジャーノ以外にブルー系やお好みのチーズを組み合わせてのせてくださいね。

  • しらすと新玉ネギ
  • ネギと生ハム
  • 生しいたけと生ハム(この場合、しいたけは薄くスライスしてください)
  • 茹でた豆数種ときのこ 
  • いちじくとパンチェッタ などなど
  • きのこ類を予めにんにくとバルサミコ酢などでソテーしたものをのせてもおいしいです(汁気をよくきってからのせてください)
  • その他、きんぴらごぼうやひじき煮など、和の組み合わせもチーズとよく合います
  • チーズだけで焼いて、あとからベビーリーフのようなフレッシュサラダを上にのせるのもおしゃれです。

*台に最初に塗るソース、わたしはパリッとさせたいので何も塗らないことが多いのですが、味噌とマヨネーズ、柚子胡椒とマヨネーズなどを塗っても美味しいです。

*カットは、三角形でなく、4〜5cm角に切ってフィンガーフードとしてつまんで食べると食べやすいです。

*焼く時間が6〜8分と短いので、魚肉系を使う場合は、なまものはあまり使わずに、火の通ったスモークチキンやツナ缶、スモークサーモン、生ハムやベーコンなどを使ってください。

投稿者プロフィール

清水 かおり
清水 かおり
料理家。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」をコンセプトに、季節を感じる食卓を分かち合うごはん教室開催やごはん作りの家庭教師、出張一日社食など、誰かの食卓をシアワセにするための活動を展開中。

ここちよさを紡いでいこう〜茶飯事会だより〜

毎週火曜日20時に配信するメールマガジン。
・日々のごはんでここちよさ
・道具や器でここちよさ
・ここちよさを味わうための暮らしごとのヒント
などを週替りでお届けします。
また、オンラインレッスンやリアルレッスンの先行案内もおこないます。