ある朝の風景から

夏至も近くなり、目が覚めるのも早くなってきました。

鳥のさえずりしか聞こえない朝の時間はいいものですね。

そんな数日前の朝のこと、いつもと違い、にぎやかな鳥の声に気がついてベランダから外を見ると、左へ右へ何羽かの鳥たちが飛び交っていました。

よく見ると、それはつばめ。

そういえば、この辺りでも以前にはあたりまえのようにいたつばめも、最近ではその姿をほとんどみかけなくなりました。

道を歩いていても低空飛行のつばめが目の前を横切って思わず立ち止まったり、電線に止まっているときの燕尾服姿に癒やされたり。

なので、久々に出会ったその日のつばめたちの姿に感激して、しばらく外を眺めました。

5羽?6羽? ときどき数羽ずつ同じ方向に上下して飛んだり、全く別方向に好き勝手に飛んだりしていましたが、そのうちいつのまにかいなくなってしまいました。

その飛び交うさまがあまりにも楽しそうだったのでまた見たいなあと、翌日から同じ時間帯に外を眺めるのですが、あれ以来同じ光景を目にすることがありません。

もしかしたら、巣立ちした小つばめたちが、初めて飛べたのがうれしくて「わ〜い」とみんなで飛び交っていたのかなあ。

もしそうだとしたら、これからは独り立ちして別々に生きるということ。

あのとき飛び交っていたみんながどうか旅立ちの日まで、無事に元気にいてくれますように。

投稿者プロフィール

清水 かおり
清水 かおり
料理家。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」をコンセプトに、季節を感じる食卓を分かち合うごはん教室開催やごはん作りの家庭教師、出張一日社食など、誰かの食卓をシアワセにするための活動を展開中。

ここちよさを紡いでいこう〜茶飯事会だより〜

毎週火曜日20時に配信するメールマガジン。
・日々のごはんでここちよさ
・道具や器でここちよさ
・ここちよさを味わうための暮らしごとのヒント
などを週替りでお届けします。
また、オンラインレッスンやリアルレッスンの先行案内もおこないます。