一汁二菜で晩ごはん

エアコンが自宅でも初出動した昨日とはうって変わって、肌寒さが際立つ今日。

夜ごはんには、またしても粕汁が登場です。

 

今夜は

  • 豚肉の生姜焼き 薬味を添えて
  • オニオンスライス
  • 具沢山粕汁
  • 五分づき米ごはん

生姜焼きに添えた本日の薬味とは、白髪ねぎ、レッドキャベツのスプラウト、そしてセロリの葉の千切り。

甘辛いタレが絡んだ豚肉にこのちょっとクセのある味わいの薬味を乗せたり巻いたりして食べると、とっても美味しいのです。

もう少し夏になれば、ネギ、ミョウガ、大葉、カイワレ、生姜の夏薬味クインテットが相性抜群です。

オニオンスライスは、スライスして冷水にとりパリッとさせたら水気を切って冷蔵庫で数時間晒して出来上がり。お醤油と米酢をさっとかけて、うね乃さんの糸がつおを乗せていただきます。

 

今日は買い出しの日。

 

献立を考えずに、1週間分を目安に野菜や魚、お肉、お豆腐やお揚げさんなどを思いつくままに買い込んできました。

 

冷蔵庫にこれらをストックして、「あるもので何作ろ?」と毎日の献立をその日に立てていく。

 

確かにこっちの方が、献立を1週間分考えてから買い物をするよりも簡単だし時間もとらないし、献立の組み立て力(こんな能力があるのかどうか)も養えるなぁと納得する今日この頃です。

 

 

清水 かおり

食卓カウンセラー。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

季節を感じるごはんの作り方や暮らしの工夫をみんなで楽しく分かち合うごはん教室の主宰。ていねいな暮らしはほんのちょっぴりていねいな日常茶飯事から。お料理の好きな方、苦手な方、同世代の方、若い方、ご自身の日々のごはんと暮らしごとを今よりもっとこころ豊かなものにしたいと思ってらっしゃる方ならどなたでも来ていただけます。

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。