にっぽんの七十二候〜紅花栄〜

5月26日土曜日

二十四節気では、今は「小満」

作物や生き物、命あるすべてが生き生きと満ち足りて育つ時節。

ここ茨木市でも北部の里山だけでなく、住宅地の隙間の小さな田んぼでも田植えが終わりました。

今日は、その小満の次候の始まり。

紅花栄〜べにばなさかう〜

遠い昔から染料として使われていた紅花。今ではむしろ、紅花油、つまりフラワーオイルとしての方が知られています。

お化粧の紅に使われるという鮮やかな紅色の染料ですが、少しだけの量を使うと、なんとも言えない美しい薄紅に染まるのを、先日、着付けの先生のお宅で、春らしい帯締めを見せてもらって初めて知りました。

紅花。

今日の自宅お料理教室のお茶菓子に、七十二候に因んで、和久傳さんの紅花菓子「紅 」をお出ししました。

染司 よしおかさんの工房で作られた本紅を用いて作られた落雁です。

その時の気温によって色が変わるという繊細なお干菓子。

遠い昔のシルクロードに想いを馳せながら、いただきます。

一保堂さんのお新茶とともに。

清水 かおり

食卓カウンセラー。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

季節を感じるごはんの作り方や暮らしの工夫をみんなで楽しく分かち合うごはん教室の主宰。ていねいな暮らしはほんのちょっぴりていねいな日常茶飯事から。お料理の好きな方、苦手な方、同世代の方、若い方、ご自身の日々のごはんと暮らしごとを今よりもっとこころ豊かなものにしたいと思ってらっしゃる方ならどなたでも来ていただけます。

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。