霜降の茶飯事会 お料理紹介

霜降の茶飯事会で作る前菜のひとつは、真鯛の和風セビーチェ。

セビーチェは、新鮮な生の魚を唐辛子とライムと野菜であえたペルーの代表的なマリネ料理。

今回は、これを和風にアレンジ。

ライムの代わりに使うかぼすとすだちの、日本の柑橘らしいきりりとした酸味がさわやかです。

これに秋らしく菊の花を加えて、おもてなしにも普段着ごはんにも使える一皿です。

お楽しみに。

霜降の茶飯事会

お申込受付中です→https://sahanjikai.com/1414

投稿者プロフィール

清水 かおり
清水 かおり
料理家。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」をコンセプトに、季節を感じる食卓を分かち合うごはん教室開催やごはん作りの家庭教師、出張一日社食など、誰かの食卓をシアワセにするための活動を展開中。

ここちよさを紡いでいこう〜茶飯事会だより〜

毎週火曜日20時に配信するメールマガジン。
・日々のごはんでここちよさ
・道具や器でここちよさ
・ここちよさを味わうための暮らしごとのヒント
などを週替りでお届けします。
また、オンラインレッスンやリアルレッスンの先行案内もおこないます。