第二弾:1月のメニューの紹介です

1月のレッスンメニューのメインは、里いもとお餅の味噌グラタンです。

里いもとお味噌、と言えば、冬の和風グラタンに使う食材の定番中の定番。

今回は、ベシャメルソースの代わりにお餅と豆乳を使って作る冬にうれしい熱々グラタンをご紹介します。

うつぼ公園教室でお借りしているキッチンにあるのは、電気オーブンレンジ。

実は、私は電気のオーブンを使うのは生まれて初めて!

今まではずっとガスオーブンだったので、使い勝手が全くわかりません。

なので、今日は、どんな仕上がりになる?温度や時間は?を確認すべく、うつぼ教室のキッチンにお邪魔して試作をしてきました。

このお部屋を事務所として使ってらっしゃる「日本食育コミュニケーション」のスタッフのみなさんのちょうどお昼時に合わせて、来週のレッスンで披露するグラタンと人参と金柑のサラダ、それに食材の買い出しに出た近くのナチュラルスーパーで大好きな「かつお菜」を見つけたので、南瓜やチキンと共にせいろ蒸しを仕上げてお出ししました。

いつも思いますが、みんなで食べるごはんってそれだけで美味しいですね。

グラタンの焦げ具合もOK、みなさんに喜んでもらえる当日が楽しみです。

1月のうつぼ公園教室お申込受付中です。

お席はあと2つを残すのみとなりました。

16日(水)と23日(水)です。

寒い日にグラタン、いいな、食べたいな、と思われた方はどうぞお仕事帰りにお気軽にご参加下さい。

お申込はこちらから →

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。