9月のうつぼ公園教室風景

近年まれに見る被害を大阪にもたらした台風21号が去った翌日から始まった9月のレッスン。

教室でのご挨拶の後にみなさんと交わした第一声は「台風、怖かったですよね〜」でした。

ご自宅や職場での思わぬ被害でお困りの方もいらっしゃった今月ですが、おかげさまでうつぼ公園教室は全日程無事に開催することができました。

9月のテーマは「名残と走りの野菜の出会い ゆく夏くる秋を味わう一汁三菜ごはん」

夏の名残と秋の走りの両方のお野菜を使って、簡単に作れて美味しく、ちょっとしたおもてなしはもちろんおべんとうのおかずにも応用できるおかずを作りました。

9月のメニュー

  • 鶏ささみのソテー トマトといちじくの日伊ソースがけ
  • かぼちゃと雑穀、ドライフルーツのエキゾチックマッシュサラダ
  • 梨の厚揚げ白和え
  • ホエイで作る夏秋野菜たっぷりの滋養スープ
  • ひじきと豆入り雑穀ごはん

 

教室風景

ウェルカムおつまみは、今月のメイン食材のいちじくを使ったブルスケッタ

器に使ったのは、骨董の吸い物椀の蓋。蓋の裏側にこんなゴージャスな萩の花が。そして表にはこおろぎ、というまさにこの季節にぴったりのもの。

こおろぎもみなさんに見ていただきたくて、ときどき、こんな形でお出しして遊んでみました。

今回の器は、秋仕様に新しく購入したものがほとんどです。6月の地震で大切な器がたくさん割れてしまったけれど、こうやってまた少しずつお気に入りのものを集めていこうと思います。

私は、きっと「え〜っと、次何するんだったけ?」となっていたのでしょうか??笑

 

テーブルセッティングは、今月から秋バージョン。

チャコールとブラウンのプレイスマットのお好きな方を選んでいただいたら、次はお好きな箸置きを。

盛りつけはデモンストレーションの後、それぞれが。

  • 器に余白を残すこと。
  • 具材がどれも見え隠れしつつわかるように。
  • 控えめに盛りつける。お鍋を空にしてしまおうと思わないで、残しておいてお代わりする。

たとえひとりの食卓でもこれを守ると、「目にも美味しいごはん」ができあがります。

チャコールのプレイスマットには茶色の器を、ブラウンのマットには黒の器を。

左手前に置くお茶碗の色が薄いので、副菜の器も淡い色の方を対角線上にするとバランスがよくなりますよね。でも、これは我流なので、ご容赦を。私の感覚的な好みです。

お箸の先っぽが箸置きから出過ぎなのが残念!

さ、できあがりました! 今月もみんなで「いただきます!」

集合写真撮り忘れ、すみません!

最後の1枚のお写真は、貸し切り教室の一コマです。

日頃は、女性限定にさせていただいていますが、お仲間での貸し切りの場合は男性もOK。

この日はご夫妻と仲良しのお仲間でご利用いただきました。

今回は、特別のおつまみを追加でご用意して、ミニ宴会。

  • 真鯛の昆布締め パクチーとレモンだれ
  • 茄子の生ハムロール
  • 二色ズッキーニの和風ソテー パルミジャーノがけ
  • デザートは黒ごまのココナッツゼリー

どうしても時間制限があるのでこのような延長のご利用は特別ですが、飲み会でなく貸し切りレッスンで職場の男性と一緒にお料理を作って楽しく食卓を囲む、というのも新しいアフター5の過ごし方かもしれませんね!

やってみたい!とお考えの方は、どうぞお問い合わせ下さい。

今月のオススメ道具たち

さて、今回持参した道具の中で、みなさんが「これ欲しい!」とおっしゃったのが、マッシャーと肉たたきです。

マッシャーはあっという間にかぼちゃがお鍋の中でマッシュされるし、肉たたきでささみをたたくとこちらもおもしろいように簡単に薄く伸びます。

私が持っているのは、もう何十年も使っているオーソドックスなオールドタイプですが、最近はこんなステキなのが売っています。

  • どちらもこちらから購入可能です→ ♦ 
 

「家事問屋」というメーカーさんのですが、私はいつも、「日本の手仕事・暮らしの道具店 cotogoto 」さんのオンラインショップで購入しています。

忙しくて実物をなかなか買いに行けない身としては、信頼できるオンラインショップはありがたいです。

とはいえ、ゆっくり道具や調理器具、器を見て歩きたい。

そんな暮らしに近づけるように毎日を過ごすとします。

今月も参加して下さったみなさま、ありがとうございました。

お寄せ下さった感想は近日中にアップさせていただきます。

 

清水 かおり

食卓カウンセラー。 だしソムリエ1級。 ときどき、獣医師。

季節を感じるごはんの作り方や暮らしの工夫をみんなで楽しく分かち合うごはん教室の主宰。ていねいな暮らしはほんのちょっぴりていねいな日常茶飯事から。お料理の好きな方、苦手な方、同世代の方、若い方、ご自身の日々のごはんと暮らしごとを今よりもっとこころ豊かなものにしたいと思ってらっしゃる方ならどなたでも来ていただけます。

大阪のお料理教室『茶飯事会』

「ていねいな暮らしはちょっぴりていねいな日常茶飯事から」

忙しく働くわたしたちだからこそ、暦や季節のうつろいを感じるひとときを日々の食卓から味わってみませんか。

大阪茨木市の自宅教室と、大阪市西区のうつぼ公園教室で開催しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA